This Category : ┗ 柚香 *いろいろ*

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[TOP]
2013.10.02 *Wed

100均のリールホルダー(キーリール)をデコってみる

「あのほら、鍵とかつけてぴーって伸ばせるあれ、あれないの?」
時々イベントなどでお客さまにそう聞かれるあれ、です。
キーリールとか、リールホルダーとかフックリールとか呼ばれてますね。

メタル(金属製)キーリール-イメージこーんな感じの…金属製のデコ用ベースパーツの仕入れを検討したことももちろんあるのですが、これね…デコ面は小さいし(広くて2センチ程度)、用途も限られててニーズが読めないし、ちっちゃいくせに意外と(デコベースとしては)お高いし…と、なかなか購入に踏み切れずにいまして。
なので「あれ、ないの?」と聞かれるたび、すみません…まだ作ってなくて…とお答えしてました。

しかし先日、友人からのリクエストがありまして、春から地下鉄で学校に通う姪っ子ちゃんのために定期入れをつけられるキーリールを作ってくれというのですよ!
「小学生だしあんまり高価なのじゃなくてー、でもキラキラして可愛いのが良くてー、いつ壊すか分からないから2つくらい予備があるといいな!!…って…
はいはいわかりましたよー、と返事してその足で100円ショップへデコ土台の物色に行ったわたしを誰も責められまい。

100円ショップで売られているキーリールは、本体はプラスティック製ですね。金属製のものはまだ見かけたことがありません。
高級感には欠けるけど、可愛いめのデコをするならプラ製も悪くないと思います。

キーリール-シルク商品これは多分シルク(…もしかしたらmeets…?)で購入したもの、1つ105円。
形はベーシックな丸型で、色と模様は4種類くらいあったかも。

キーリール-シルク商品-シールをはがす

模様部分はシールになっていて、簡単に剥がせます。
プラが透明なのでリールの仕組みがよく分かりますね。なるほど単純!!
裏も表も平らになっていて、デコ向きの形です。

リールホルダー-DAISO商品こちらはダイソーで購入したもの、2個入りで105円。
色違いがセットになっていて、コスパが良いですね。ハート型なのもちょっと珍しくて嬉しい。
でもこれ以外の色や模様はなかったような。他の色もあったらいいのにー!

リールホルダー-ダイソー商品-シールを剥がす

これも模様部分はシールになっていて、ぺろんと剥がせます。というか、剥がすつもりがなくても使ってたらすぐ剥がれるんじゃないかこれ…?
中央部分はもちろん平らで、デコ向き。
裏側にはバッグのふちやベルトに着けるためのクリップがついてるので、デコれるのは表側だけです。


とりあえず試作としてデコってみたのがこちら。
100均のリールホルダー(キーリール)をデコってみた3ミリ・4ミリのストーンを敷き詰めてみましたがいかがでしょうか。
デコ面はやっぱり狭いので凝ったデザインは難しそうですが、小さめのストーンでぎっしり埋めたり、モチーフパーツを上手く使って可愛く仕上げられるといいな。と思います。
スクールバッグに定期をつける、みたいな使い方が主流なら、学生さん向けに安価に作ってみるのもいいかも。

そしてやっぱり大人向けの仕上がりにはならなそうだ…金属製のも少し仕入れてみるか…


おまけ
「サン宝石」のキーリール「サン宝石」でも扱ってたから試しに幾つか買ってみたので載せておきます
1個55円、色はランダムで選択不可。(7色くらいあるみたい?)模様などは無く、さあデコれと言わんばかりの状態で届きます。
何色が来るか分からないのはアレですが、ベース用としてたくさん仕入れるならむしろランダムは便利かも(一人10個までですけどね!)

【柚香(ゆのか)】
スポンサーサイト
2011.09.09 *Fri

100均に折りたたみのバッグハンガーが登場していた…!

半年ほど前にデコベースとして使える100円ショップのバッグハンガーについての記事を書きまして、さらにそのバッグハンガーを大量に買い込んでデコったものをショップで販売したりしているわけですが。
最近のダイソーでは、このバッグハンガーが微妙に品薄っぽいなー…と思っていたら、新しいタイプの商品に変更になっている様子です。

100円ショップのバッグハンガー・ダイソーの商品-新商品しかも、折りたたみタイプです。
100円ショップのバッグハンガー・ダイソーの商品-新商品
ちょ、パーツだけでも200~250円くらいで仕入れてるタイプのものを、100均で製品版売られたら困るんですけど…!!(笑)(うちはいちおう仕入れ値なのでこれくらいの値段だけど、浅草橋なんかのパーツショップでは400~500円くらいが相場なんですよ!)

100円ショップのバッグハンガー・ダイソーの商品-新商品-拡大アームは外側で、本体側面の磁石部分で固定するタイプですね。
バッグハンガーとしては一番ベーシックな形です。
「耐荷重 約5kg」と書かれているのでまあまあ丈夫かもと思いますが…こういうのはあまりあてになる数字でもないので過度な期待は控えた方がよいでしょう。
持った感じはちょっと重たいです。

100均新型バッグハンガーと通常パーツのバッグハンガーを比較。普通のベースパーツを使用した自分のバッグハンガー(右)と比べてみる。(自分のはアーム収納型なのでちょっとイメージ違いますが)
パーツ自体のデザインが違うせいもあるかもしれないけど、やっぱりちょっと安っぽい印象はなくもないです。
100均のはアームのつなぎ目処理等に少し工業製品っぽい武骨さが感じられるのと、新品にしては金属の表面に細かい傷がかなり目立ちます。きちんと鏡面仕上げされてない感じ。
傷が付きやすい金属なのかもしれないし、100円ショップ向けだけに検品が甘いのかもしれない。
使用に耐えないほどの商品はないとは思いますが、並べて比べちゃうとやっぱり…てことですかね。

とはいえこのタイプのバッグハンガーが105円で買えてしまうのはやはりすごいことなのではないかと思います。
わたしはもちろん自分のバッグハンガー作品が売れたら嬉しいですが、それ以上に「バッグハンガー」というグッズがもっと普及してくれたらいいなーと思っているので、皆どんどんこれを買ったらいい。
街を歩く人がみんなバッグハンガーを持ってたら、カフェで女子グループに椅子を人数以上にたくさん使われて他のお客が座れない…なんてこともなくなるし…。多分……。(←恨みが多々あるらしい)(なんであんたらは3人グループで6人席占領するんだよ!!…とかね…)

100円ショップのバッグハンガー・ダイソーの商品-新商品-裏面念のため裏までチェック。(左が100均の商品)
どちらもゴムの滑り止めが貼られています。
ただ気になったのは、100均の商品(左)はゴムの厚みが少し足りず、金属枠に微妙に埋まるような感じになっていること。
ゴムに十分な厚みがないと滑り止め効果が弱かったり、場合によっては金属枠部分が擦れてテーブルに傷が付いたりするのではないかと少し心配です。個体差あるのかもしれないけど、どうかな。

DAISO-新型バッグハンガー売り場ダイソー某店から友人が写メってくれた売り場写真。
旧型のバッグハンガーの売れ行きがそれなりに良かったのか、なかなか力を入れているようではあります。
ただ友人も不思議がっていましたが、このコーナー、『バッグ・バッグ用品売り場』ではなくて、『日用品のS字フックやハンガーなどの売り場』にあるようなのです。
どう考えてもバッグや財布のある売り場(ダイソーの大規模店舗には1,000円くらいのバッグやカートも売っているエリアがあります)に設置した方が売れると思うんだけど…。
そうかと思うとわたしが買ったお店では服飾雑貨コーナーの片隅に置いてあったので、売り場構成・レイアウトはわりと店舗によって差があるようですね。

見ての通り大きいストーン・チェック柄・お花のプリント柄の3種類×各数色がありますが、いずれもデコパーツとして使える余地はないです。
前のフック型の、廃番なのかなー…。悲しい。
(まだ売ってる店舗もあるにはあるんですが、在庫限りで新型に切り替えっぽいのです…。)


100円ショップのバッグハンガー・キャンドゥの商品…と思っていたら、ダイソーではなくキャンドゥで発見しました。(一度完全閉店した秋葉原のお店がいきなり再開したので行ってみたのです☆)
黒いのがキャン・ドゥので、右のピンクのはダイソーの旧フック型。
…デザインもサイズもほぼ同等です。フック下部の曲がり具合以外には差異がほとんど見つけられません。
100円ショップのバッグハンガー・キャンドゥの商品-裏側

これも裏側を見てみる。
テーブル面の大きさもほぼ同じですね。
滑り止めはゴムではなくEVA素材(ダイソーの方はポリウレタンかも)で、ふにふにした感触がちょっと楽しい。

デコ用に黒のフック型もあればいいのになー…と以前から思っていたので、これは嬉しい発見でした。
まだまだ廉価版デコバッグハンガー作っていきますよ!
【柚香(ゆのか)】
2011.02.01 *Tue

100均のバッグハンガーをデコベースとして試してみたい。

先週1/27の記事で、100円ショップのバッグハンガーをパーツとして使ってみるのはどうかと書いていたのですが、ようやく現物を手に入れました。
デコる前に、まずはパーツの検証から。

100円ショップのバッグハンガー・ダイソーの商品「100円ショップ DAISO」のオリジナル商品のようです。
色はグリーンとブラウン。パッケージ写真ではピンクもあるようですが、残念ながら売り場にはありませんでした…。
情報をくれた友人・Rさんの「折りたたみではない」という言葉通り、アームをたたむ形ではありません。使い勝手としては和小物でよくあるタイプに近そうな感じ。
平らにはなるのでそれほどバッグの中で嵩張ったりはしないでしょうが、折りたたみタイプよりはやっぱり邪魔かなー。

この上面部分なんかもうデコれと言わんばかりの形状ですが、あまり高さの出る盛りデコはせず、小粒ストーンで平面デコにする方が良さそうですね。
側面もデコると結構ゴージャスにできるかも。

100円ショップのバッグハンガー・ダイソーの商品・使用イメージテーブルに掛けてみるとZ型になっていて、手前側からバッグをかけます。
この点は微妙に便利かもしれない。(普通のタイプは奥から手前に掛けるので、うっかりすると掛け損なったりすることが…ないですか?)
耐荷重4kgと、性能もなかなかです。(←保証値ではなく実験値であることにはもちろん留意が必要ですが。)

そんなわけでこのパーツは、格安バッグハンガーとして近日再登場予定です! …近日

【追記(2011.3.22)】→ デコったバッグハンガーの一例はこちら

100円ショップのバッグハンガー・meets(ミーツ)の商品そしてこれは上述のRさんが、別の100円ショップ「meets」で見つけてきてくれたバッグハンガー。
これ単体で撮ってしまったので分かり難いですが、かなり小さいです。
小さいのでバッグに入れても邪魔にはなりにくいのはいいけど、耐荷重2kgはいかんせん弱すぎる!
わたしの普段のショルダーは軽くても2.5kgはあるぞ!
小型ハンドバッグ専用な感じでしょうか。
すでに中央にアクリルストーンが入ってて、これに合わせて周りをデコるくらいしかできなそうなのもあり、パーツとしては今回は見送りで。
でもわざわざ買ってきてくれたRさんに大感謝。です。

【追記(2011.2.28)】→ これはこんな感じにデコりました

【柚香(ゆのか)】
2009.06.03 *Wed

デコパーツをアクセパーツに改造中ー。

…といってもたいしたことはしてませんが。
最近はデコ用のプラパーツなんかも面白くて可愛いモチーフがいろいろあって、楽しいですね。
ちょっとよく出来てるパーツを見るとすぐに買っちゃうんですけど、
これ、ただ並べて貼るだけじゃもったいない…て感じのとか、
面白いけど大きすぎて扱いに困る…何に貼ればいいのコレ…みたいなものもあります。

デコパーツは当然「接着剤で貼る」のを前提に作られているので、カンもなければ穴もないわけですが、わたしたちビーダー(ビーズ大好きっこ)としては、カンか穴のどちらかがあれば利用範囲はぐっと広がります。
というわけで、気に入って買ったはいいが持て余していたパーツたちを、まとめてカン付きor穴ありに生まれ変わらせることにしました。

用意するもの パーツ。ヒートンorワイヤー。ルーターと先端ドリル。念のため接着剤。
愛用のミニルーターちゃん。お値段数百円…愛用のミニルーターちゃんです。パワーも低いし回転数調節もできない、ただただ回るだけのルーターですが、とにかくコンパクトなことと乾電池式で邪魔なコード等が全く無いのが取り柄の、とっても良いコ。
ちなみにお値段数百円だったと記憶しています…。ルーターはいくつか持ってるんですが、一番安いのに一番出番の多い働きものです。
いつでも手軽に使えるように、ペン立てにぶっさしてあるのです。
主に模型製作時にバリ取りなどに使っているのでデフォのビットがつけっぱなしですが、今日は穴あけなのでドリルに付け換えます。
まず大きめのプラパーツ。このコには上にヒートンをつけて、ストラップ用のチャームにしてしまおうと思います。
うさぎチョコの耳にネジ穴をあける。
1.2ミリのドリルで深めの穴をまっすぐに。
使うヒートンがネジ山入れて1ミリちょっとの太さだったので、いきなり1.2ミリ径でいってみました。
プラとはいえ意外と硬いので、一気には掘れません。ドリルが止まってしまわないように慎重に、軽いタッチで行きつ戻りつしつつ、少しずつ深くまで掘り下げていきます。
深さ5ミリくらい?ヒートンのネジに合う程度まで掘りました。
プラパーツに穴が開きましたvちっちゃい穴を掘るだけでも、わりと粉がたくさん出るんですよねー。
飛び散るほど強力なルーターでもないので、ティッシュを敷く程度で対応してます。
でも念のため、伊達メガネをかけて眼球だけは保護。万が一、欠片が飛んできたりしたら危ないですからね!
穴さえ開けばこちらのものです。あとはヒートンを右回りにぐりぐりとねじ込むだけ。
あけた穴にヒートンをねじねじヒートンの太さと穴の直径が合ってないと、ねじ込む時に入らずにヒートンがねじ切れてしまうこともあります(泣)
逆に穴よりヒートンのほうが細ければすっぽ抜けちゃうし…この辺はまあ、勘と慣れで。
このヒートンにはこの径、というデータをちゃんと残しておくといいかもしれないなあ。(←いつも超アバウト)
プラパーツへのヒートン取り付け完了。プラパーツたちのカン付け完了ー。
マカロンとかビスケットは、さらにストーンやパールでデコってあげようかな。
次にー、ちっちゃなちっちゃな樹脂粘土パーツ。
可愛い樹脂粘土スイーツたち。直径9~10ミリ。大きさ8~10ミリの、かなり小さなパーツです。
しかも樹脂粘土。材質的に、ヒートンをねじ込む力に負けてパーツ自体が裂けてしまう危険もあります。
そもそもヒートンと比して小さすぎるので、ヒートンが目立ちすぎるし。
ここはワイヤーしかあるまい、です。
使うのは何となく手元にあった純銅ワイヤー、0.55ミリ径。太さがちょうどいいのでこれで。
ドリルは0.8ミリ径に付け換えました。ワイヤーよりもこころもち太め、くらい。
樹脂粘土スイーツちゃんに穴あけ小ーさーすーぎーるー と泣きながらドリル。
樹脂粘土細工はプラと比べてかなり柔らかいので、迂闊にドリル当てると一瞬で掘れすぎたり突き抜けたりいらんところ削ったりしてしまいます。
そーっとそーっと、指先の感触に全神経を集中しながらちょっぴりずつ進めます。
いっそルーター使わずに、ドリル先端だけつまんで指先で回したほうが安全確実かもしれないな…
モチーフ直径の半分くらいの深さまで掘ったらOK~。
樹脂粘土にあけた穴に接着剤付きワイヤーをIN。ワイヤーの先5ミリくらいに接着剤をつけて、穴の奥まで押し込みます。白化するとイヤンなので、一応エポキシ系接着剤で。
はみ出した接着剤をきれいに拭き取って、硬化するまで20分ほど休憩です。

ふうー。
ワイヤーを丸めて完成。ストレッチと目の体操をしてリフレッシュしたら、最後の作業。8ミリ残して切ったワイヤーを、丸ヤットコでくるんと丸めて終わりです。
これ、ちっちゃいくせにすごく良くできたパーツなので、ピアスにでもしてみようかな!と思ったり。
ついでに、穴の開いてない樹脂薔薇パーツに横穴開けて編み込みできるようにしてみたり、普通のアクリルビーズに穴を増やしてみたり(十字穴とか3連穴とかv)、いろいろと遊んでみました。
デコパーツの用途が広がったので、作品のバリエーションももっと広がるといいなー♪





ブログ内検索

*緑と黄色だけのつなビィ*

*キティだらけのつなビィ*

リンク

  • 手作り市場あ~てぃすと 手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト
  • 雑貨ロボ

* 賛同リンク *


Copyright © モモノクラブログ All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。