--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[TOP]
2011.05.22 *Sun

そうだ、宮城行こう。…日帰りで。

発端は土曜に遊ぶ約束をしていた友人から木曜の夜に入った、『出張決定、土曜ムリ』のドタキャンメール。
珍しく一日ぽっかり空いてしまった土曜日、ふと5~6月のスケジュールを見直すと(仕事とプライベート含めて)夏まではほとんどまともに休める日はなく、これが最後の休日と言っても差し支えない予定表。
「よし、東北行こう。あさって。」
…というわけで、21日は日帰りで宮城県に行ってきました~。

白石城・本丸ただし仙台まで行ってしまうと絶対一泊したくなってしまいますので、目的地はそのちょっと手前。
 白石というところです。
 白石城という、かたこり…もとい、片倉小十郎の居城があります。
 天守閣と石垣・大手門が復元されており、こじんまりとしていますが綺麗な城址公園もあって、気持ちの良いところでした。
ももちゃソフトクリーム(桃と紅茶のソフト)は美味しかった…!

しかし実のところ、お城には帰り際に時間がちょっと余ったから寄っただけでして。今回の目的地は他にありました。
それが…宮城蔵王 キツネ村です!!
キツネ村-いらっしゃいませ。「いらっしゃいませ…zzz.....」

あらゆる哺乳類の中でネコ目イヌ科キツネ属を最も愛していると言っても過言ではないわたくし柚香、「蔵王キツネ村」訪問は長年の夢でもありました。
ちなみに鳥類ではアヒル最愛。むしろ萌え。
最寄駅(白石)から約14キロの山中、路線バスもなく自家用車以外の交通手段はタクシーのみという立地にずっと二の足を踏んでいたのですが、この機会に思い切って行ってみることにしたのです

というわけで今回の記事はキツネさんたちの写真がえんえんと執拗に並びますので、キツネがお嫌いじゃない方のみ続きをどうぞ。↓↓↓
さて、さすがに一人で行くのも寂しいので、ちょうど暇そうだった母を連れて東京から東北新幹線・Maxやまびこに乗車。(はやぶさは夏休みまでお預けです…)
白石蔵王駅まで乗っても良かったのですが、今回は福島駅で降りてみました。
なぜかというと…
「つばさ」と「Maxやまびこ」。「つばさ」と「やまびこ」の解結を一度見てみたかったからですv
山形方面「つばさ」と盛岡方面「やまびこ」は東京~福島間では連結していて、福島で分かれます。
つまり東京では繋がった姿しか見ることがないわけで、鉄分ちょっと多めの人間としては解結するところを見物したいというのは自然な欲求だと思うのですがいかがでしょうか。

新幹線-連結部分。連結部。
まあ、この部分だけなら東京駅のホームとかでも見ようと思えば見られるんですけどね。
でも実はわたし、新幹線を仙台以南で降りたことがないので(つまり「はやて」にしか乗ったことがない)、まじまじと見たのは初めてでした。こんなんなってたのかー。

新幹線-解結完了。「つばさ」が先に発車して、取り残された「Maxやまびこ」。
しかしこんな小さな機構でよくまああれだけの重量の車両の連結を、しかもあの速度で保持できるものですねー。
技術力半端ない。

新幹線-「Maxやまびこ」の鼻を閉じる。左右からカバーが出てきて、「やまびこ」も発車準備完了です。

なんということもないシーンですが、じっくり見物できて満足。
ちなみに帰りにも、連結するところをじっくり見物したことは言うまでもありません

で、福島から白石までは東北本線でのんびりと。
白石駅の観光案内所で「やっぱりバスとか全然ないんですね…」と改めてがっかりした後、タクシーでキツネ村へ。
きつね村入り口-ゴリラちなみにタクシー代、片道3,710円也。
(新幹線の特急指定席料金(※えきねっと割引)より高かったわ!)
帰りもタクシー以外にはないので、あらかじめ時間を決めてお迎えを頼みました。
…次に来る時は、交通費をワリカンしてくれる友達と来たい…。orz

ゴリラ(?)はいません。

きつね村入り口-パンダパンダもいません。

蔵王キツネ村-うさぎはいますけど。でもなぜかうさぎはいます。わらわらと。

蔵王キツネ村-うさぎむしろこわい。

差し出したエサに群がるウサギどものあまりの勢いと必死っぷりに、ピントもブレ気味です。(この後、奥にいるコたちも突進してきます)
その奥の茶色のコの耳、まさかエサと間違えて齧られたんじゃあるまいな…

蔵王キツネ村-キツネのみなさんこのようにウサギやらヤギやらはケージや檻に入っておりますが、放飼場はキツネまみれです…!
もっふもっふです。
至福すぎる。

蔵王キツネ村-キタキツネ「どちらさまですか?」

蔵王キツネ村-キタキツネ「ご用件は?」

蔵王キツネ村-銀キツネ「つーかエサ持ってんだろーなワレェ」

わーい銀ギツネさまに凄まれたー!(゚∀゚)(喜)

蔵王キツネ村-白キツネ「もっふもっふ具合ではわたしの右に出るキツネはおりません」

柚「てゆーかそろそろ暑くないですかその毛皮、なんならわたしが引き取って…」

白ギツネ「抜け毛でよろしければ」

柚「ノーサンキュー!」
正しくは北極ギツネです。声がでかくて強そうというか偉そうなんだけど、こいつらめっちゃトロくさい。
エサやり場でも他のキツネを蹴散らして一番いい場所を陣取ってるのに、反応が鈍くさくて全然エサにありつけてなかった…。
北極ギツネの顔の前に落ちたエサを、機敏なキタキツネがぴゅっと奪って去っていくのですよ。無情。

蔵王キツネ村-キタキツネ視線の先にいるのはうちの母です。
「この見慣れない人間は、エサをもっているだろうか…?」
やつらの興味は常にその一点に尽きるようです。
専用のエサやり場に足を向けるまで、何頭かが付かず離れず追ってきます。
狩られてる気分。

蔵王キツネ村-キタキツネ確か『動物のお医者さん』だったと思いますが、道路でキタキツネに出会って「わー可愛いねー」と車を停めて盛り上がったあと、車を発進させると 待ちなお客さん、タダ見はいけねぇぜ って感じでキタキツネが追ってくるという場面を思い出したりしました。

それにしても素敵な毛皮だ!

蔵王キツネ村-集まりすぎだろその辺でテキトーにエサをやるのは危険だから禁止です、という注意に従い、高床式のエサやり場に入りますと…そこらじゅうからわらわらと集まってきます。
もはやこれは催促というより、脅迫に近い。
専用のエサ(魚肉ソーセージっぽい)をちぎって投げてやるわけですが、キツネ同士の小競り合い…というより喧嘩が激しく、気の弱い人には勧められない光景が繰り広げられます。
噛み合いなんかは加減分かってやってるんだろうけど、鳴き声の大きさだけでも心臓にくる感じ。やつら、養殖とはいえかなり野生動物…!
持っていた分を投げ尽くしても誰もそこから動かず、無言の重圧に耐えきれず餌の追加を買いに行ったわたしでした…。

蔵王キツネ村-キタキツネしっぽ
蔵王キツネ村-キタキツネしっぽ
蔵王キツネ村-キタキツネしっぽ















?!



「ぎゅっ!」ってわしづかみしたい衝動を抑えるのに、一生分の忍耐力を使ったっつーの!

蔵王キツネ村-キタキツネこんな罠がそこらじゅうに転がってるんですよ…。
もう萌えすぎてテンションおかしくなりますよ。ぴよぴよ。

蔵王キツネ村-こぎつねで。
どうしてもこの時期に行ってみたかったのは、キツネの出産シーズンが早春だからなのです。
つまり、生後2~3ヶ月のこぎつねが、見られるわけで…!
ころころ毛玉がくっついて眠ってるのが間近に観察できるわけで…!!
興奮しすぎて写真なんかみんなピンボケなわけで…!!!!

蔵王キツネ村-こぎつねあああああケージ越しでも可愛すぎるーーーーv

(300円の育成協力金を払うと、ちょっとだけ抱っこさせてもらえるらしいです。わたしはパスしたけど)

蔵王キツネ村-こぎつねちょっと早く生まれた仔たち?
だいぶこぎつねらしい外見になってます。

蔵王キツネ村-こぎつね黒い仔も可愛いのう…

蔵王キツネ村-こぎつねう…うぐぅ…(←可愛さのあまり感極まって泣けてきた)

上がりすぎたテンションを売店の無料サービスのコーヒーで醒まして(ホットコーヒーだけどw)、一休みした後ちょっとした山歩きに出かけました。
(食堂もあるけどまだ準備中だったですよ。おむすび持参して良かった…)
キツネ村に着いたのが午前11時頃で、タクシーには15時頃のお迎えをお願いしたのですが、その時(行きのタクシーの)運転手さんには「あの辺は他に見るところ何にもないですよー」と心配されたんですよね。
もちろん近くに観光施設がないことは知っていて、でも地図で見るとすぐそばに湖…というかダムがあるし、今はツツジや藤もいい季節だし、ちょっと散策するだけでも楽しいだろうと思ってその時間にしたわけですが、運転手さんは「いや、川原子ダムなんてほんとにただの貯水池で、何にも無いですよー。ダムまでかなり歩くし、山道だし大変ですよ」と強硬に主張するわけです。
でもまあお迎えは15時にしてもらって。キツネ村を出てきたのが13時前くらいでした。

白石市不伐の森-案内板もちゃんとあるしで、じゃあ何にもないかもしれないけどとりあえず歩いてみるか、とほんの数メートル歩いたところで、
「ちゃんとした案内図あるんじゃん…」
と。

遊歩道も案内板もちゃんとあるのに、タクシーの運ちゃんに「何にもない」とか言われちゃうのはちょっとむごい。

白石市不伐の森-遊歩道-というか、けもの道遊歩道、草木に埋もれて塞がりかけてますけども。
…でもこれは古いとか管理が悪いってことではなく単純に、通る人があまりにも少ないということだと思われます。
途中にあったあずま屋やお手洗いはきれいに掃除されてたし。

白石市不伐の森-山道-というかけもの道この季節は草木の伸びる勢いもすごいから、通行人が少なければすぐにけもの道になってしまうのも道理です。

なにしろ往復3キロ強を2時間かけて歩きましたが、その間、ひとっこ一人出会いませんでしたからね!!
こんなに他人に出会わない山歩きは初めてだよ!


白石市不伐の森-山道-カエルさん
白石市不伐の森-山道-トンボさん
枯れ葉と同化しすぎた変な色のカエルとか、きれいな色のトンボなんかを観察しつつ、なかなかきつい高低差の山道を歩いてダムまで行ってみました。

ときどき茂みがガサッと音を立てるのですが、小動物にはほとんど出会わなかったなあ。あの音はトカゲとかだろうか。
わたしはわりとヘビも好きです。


ツツジやヤマブキも満開でしたが、なぜか花の写真は撮っていなかった自分にいま首を傾げています。

いまといえば今日(22日日曜)、ふくらはぎの筋肉痛にも悶えています…。当然といえば当然ですが。

白石市不伐の森-川原子ダム-ダムサイトま、確かに何にもないダムサイトではありますね。
農業灌漑用だから大きな取水設備とかもないし。
でも、湖畔に沿って歩いてみるとそれなりに大きなダム湖で、新緑の季節だし天気が良いこともあってとてもさわやかな気分のハイキングとなりました。

不忘山に雲がかかっちゃってるのは残念でしたけど、それでも十分良い景色ではないですか。

白石市不伐の森-ダム湖があればそれで充分だろ
これだけの自然の中で、誰ひとり人間に出会わず、それどころか車の音もまったく聞こえない(管理車道があるにもかかわらず、ですよ)、そんな2時間というのはそれだけで贅沢な時間だと思います。
湖があって、森林があって、歩ける道があったらそれで十分だと思うよ!
何にもないなんて断言しないであげてよ、運転手さん!

今週からまた目の回る忙しさの初夏ですけど、全力で立ち向かう気力充実です。
そしてまた夏休みには東北旅行! 今度は2泊くらいしたいな
【柚香(ゆのか)】
CATEGORY : 雑記   / TAG : お散歩
THEME : 日帰りお出かけ / GENRE : 旅行

【関連記事】 & 【TB】

行ってきました日帰りで。 …というのはもう一月以上も前の7月18日の話なのですが、記事が下書きのままだったので今更ながらアップしようと思います。 7月15日。 3月の津波では言葉にできないほどの大変な...
2011/09/08(木) 20:14:18 | モモノクラブログ [Del

COMMENT

はじめまして
はじめまして 紅緒と申します。

蔵王キツネ村のワードでここに辿り着きましたm(__)m

実は自分も今週末に蔵王キツネ村へ行こうと計画をたててまして、
情報収集しておりました。

園内や、その周辺 アクセスの様子も参考になりました。


もう画像を見るだけで私もノックアウトでしたよ(笑)

正気を保てるかわかりません…

キツネに憑かれて東北道運転したとしてもそれが本望です(笑)

ここに書かれていたことを踏まえ、
行ってきます


追伸 ブログ内の【動物のお医者さんネタ】ニヤリとしましたw
自分も好きな漫画でしたから(^_^)
2012/11/01(木) 00:15:45 | URL | 紅緒 #- [Edit
Re: はじめまして
紅緒さま、はじめまして。コメントありがとうございます。

今週、キツネ村へ行かれるんですね! いいなーいいなーいいなーv-111
秋冬のキツネさんたちはまたモッコモコで可愛さ倍増だと思いますv-238

わたしの記事が事前の準備にちょっとでもお役にたてたなら嬉しい限りです。
楽しいご旅行になりますように♪

菱沼さんのようにキツネに追われて道に迷っても、きっと幸せに違いないと思います(^v^)
2012/11/01(木) 01:41:50 | URL | 柚香 #- [Edit

Comment Form







秘密にする(管理人のみ閲覧)
 

TRACKBACK






ブログ内検索

*緑と黄色だけのつなビィ*

*キティだらけのつなビィ*

リンク

  • 手作り市場あ~てぃすと 手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト
  • 雑貨ロボ

* 賛同リンク *


Copyright © モモノクラブログ All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。